店舗開発の記録

西武線以外での店舗物件探し。他路線展開を考える|京王線

投稿日:2018年5月24日

こんにちは、新店舗開発担当の中田です。
現在は西武線を中心に26店舗ほど運営中ですので、もう西武線には出店できる駅がほとんどありません。

西武沿線での出店候補駅は、池袋線の「大泉学園」と「中村橋」のみ。

この2つは継続的に探しておりますが、情報が少ないので中々事が進んでいないのが現状です。

出店候補駅を広げてみる

大泉学園と中村橋だけでは候補駅が少なく、店舗開発担当の私としては仕事の幅が狭まってしまいます。

そこで、他路線での出店を提案することに。
社内会議の結果、候補に出てきた他路線は..

副都心線(小竹向原、氷川台、平和台、赤塚、成増)
東武東上線(大山、ときわ台、上板橋、東武練馬、成増)
京王線(桜上水、八幡山、仙川、つつじヶ丘)

※本サイトでも紹介してます「平和台」に関しては、新店舗工事が進行中。(2018.7月OPEN予定)

なぜ上記の路線なのか。というと

うちのモデルがはまりそうな駅が多いのが大まかな理由。

早速、物件探しをしていると、
京王線の「仙川」駅で優良物件を発見。

乗降者数も約8万人。西武線の石神井公園、大泉学園辺りと同じくらいで駅前は賑わっています。

仙川駅 ※写真は地価公示価格チェッカーより

案件の特徴は

・駅徒歩2分
・商店街沿いの2階
・賃料50万円
・25坪

という物件でした。

駅からの距離・所在階数・賃料・広さ。
もちろんすべて重要ですが、この物件の特徴は「広さ」。

約25坪と求めているベストな面積でした。

申込みに至らなかった理由

社内会議の結果、申込みに至らず。

理由としては

初期投資額が見合わない

ということ。

長く運営していくモデルで、うちの運営スタイルに沿った店舗工事をするため居抜きでそのまま利用することはありません。

設備や基礎部分にも十分な投資を行います。

スケルトン工事から造り直してまで、投資する価値のある物件かどうかを考えると、申込みには至らずという結果でした。

仮に1階であれば、、もう少し坪単価が高くても、イニシャルコストを十分に回収できる立地なだけに惜しいです。


また機会があれば、西武線以外の路線も前向きにチャレンジしたいと思います。

参考:募集要項

 

 

-店舗開発の記録

Copyright© 飲食店の物件探し , 2020 All Rights Reserved.