賃貸

防音性を重視した賃貸の選び方

投稿日:2018年2月16日

お部屋を選ぶ基準として、防音性を重視される方が多いです。

過去や現在「木造、S造の賃貸アパート」で一人暮らしを経験した人が多く、生活音などで悩まれたみたいです。

防音性を最優先に考えるのであれば、やっぱりRC造やSRC造がおすすめです。
大まかな構造の種類をみていきましょう。

●W造(木造)

●S造(鉄骨造)

●RC造(鉄筋コンクリート造)

●SRC造(鉄筋鉄骨コンクリート造)

【W造】木造

主構造部分に木材を用いている建物。

建設コストがおさえられますので、RC造などと比べて賃料が安いです。
通気性に優れている反面、気密性や遮音性などは低いと言われています。また部屋同士の仕切り壁が薄いケースが多く、生活音が響きやすいというデメリットも。

【S造】鉄骨造

鉄骨造は柱、梁、筋かい等を鋼(ハガネ)で造った構造です。鋼とは鉄に微量の炭素を加えたもので、硬さとねばり強さの両方を持っています。揺れやすく、音が響きやすいといったデメリットもあります。

出典:まるわかり注文住宅 https://chumon-jutaku.jp/

鉄骨造は木造の骨格がそのまま鉄になったようなイメージでしょうか。
壁間の素材等は防音性が高い素材ではないことが多いようです。

かくいう私は、木造、RC造を経て鉄骨造に住んでいます。階段の音など多少の生活音はありますが、気になるレベルではありません。
最近は遮音性能を売りにした木造や鉄骨造のアパートも増えてきているみたいです。

【RC造】鉄筋コンクリート造

Reinforced Concrete造の略。
主に柱、梁、床、壁を鉄筋を組み、型枠を造りコンクリートを流し込み固める工法。

外部の音エネルギーをコンクリートが遮断するため遮音性能が高いといわれています。壁がコンクリートで固めた躯体であれば防音性も安心です。

ただRC造・SRC造は建築コストが高いので、当然ですが同じ間取りだとW造やS造より家賃が高くなります。

【SRC造】鉄骨鉄筋コンクリート造

SteelReinforcedConcrete造の略で、鉄筋コンクリートと鉄骨を併用した工法です。

鉄骨造のしなやかさとRC造の耐久性を併せ持っています。大型マンションの建設などに多く用いられます。

心配な方はRC造とSRC造を選んでおきましょう


建物の防音・遮音性は、壁や床の仕様(厚さ・素材など)で変わります。

RC造だからといってすべての物件の防音性が優れているとは言えませんが、木造・鉄骨造と比べてRC造は壁床の密度も高いので安心といわれています。

快適に過ごすために自分にあったお部屋探しを効率的に進めていきましょう。

 

-賃貸

Copyright© 飲食店の物件探し , 2020 All Rights Reserved.