賃貸

テラスハウスってどんな物件?

投稿日:2018年5月27日

「テラスハウス」や「タウンハウス」。

普通の戸建やアパートとなにが違うのか、と思われる方も多いのではないでしょうか。

テレビ番組の影響もあって住人同士が共同生活する「シェアハウス」のイメージが強い方もいらっしゃいますが、シェアハウスとは異なります。

早速、テラスハウスの特徴をみてみましょう。

テラスハウスとは

集合住宅の一種で、境界壁を共有する連棟式の低層住宅。タウンハウスとも言われる。各住戸に隣接する敷地や庭は、各住戸が単独で所有している。それぞれの出入り口は道路または幅員2メートル以上の通路に接していなければならない。建築基準法上は「長屋」に分類され、マンションやアパートなどの共同住宅とは異なる。

出典:まるわかり注文住宅
https://chumon-jutaku.jp/


 

簡潔にお伝えすると

一戸建てがつながっている集合住宅。

戸建ての連棟式なので、壁が隣家と接している。という点がポイント。

また、テラスハウスは室内に階段があるメゾネット(2層構造)になっています。

テラスハウスとタウンハウスの違い

「タウンハウス」もたまにお部屋サイトで見かけますね。

2つの違いとしては、所有する敷地の形態が関係しているようです。

・敷地の権利が分けられているのが「テラスハウス」。
・敷地を共有しているものが「タウンハウス」と一般的には呼ばれています。


(タウンハウス イメージ)


 

メリット、デメリットを簡単にまとめると。

テラスハウスのメリット

・下階への物音を気にしなくてよい
・専用庭が付いている物件もある
・駐車スペース付きの物件もある
・一戸建て感覚を味わえる
・一戸建て賃貸より安く借りられる

テラスハウスのデメリット

・隣接している部屋の壁の厚さによっては生活音が伝わりやすい。
・物件数が少ないので、選択肢が限られる。

 

テラスハウスは、特に小さいお子さんがいるファミリーに人気があります。

検索システムでテラスハウスという項目がない場合は、一戸建ての種別にチェックをいれて探してみましょう。

来客時のプライバシーが守りやすかったり、下階への騒音を気にせず生活できる点など、いろいろなメリットもある「テラスハウス」。

お部屋探しの際には、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

-賃貸

Copyright© 飲食店の物件探し , 2020 All Rights Reserved.